知らせるバッチ

大坂の百貨店で女性の性、生理、体のリズムなどに寄り添うことを目指した売り場ができたそうですね。
女性をターゲットとしたファションアイテムやコスメ、 女性特有の悩みにも応える商品としてサプリや漢方、下着や生理用品などなど。
そして、一番話題になっているのは店員が現在生理中であることを知らせるバッチをつけているということです。
SNSで批判とありましたが、私も賛成できないですね。
日本は生理を恥ずかしいもの隠すものにしています。
それはそれでどうかと思うけれど、だからといってオープンにすれば良いかというとそれは違うと思います。
生理用品を気軽に買えて人に見られても良い社会は良いけれど。
生理じゃなくて体調が悪いというバッチにすればいいのでは?

迷惑になる趣味

趣味で家庭菜園をするのは良いですよ。
私自身は泥とか虫とかが苦手なので絶対にしないけれど、良い趣味だとは思います。
でも作ったけど食べきれないとかの理由でこっちにまわすのはやめてほしいです。
あげればいいって思っているかもしれないけど、貧相で味の悪い泥つきのものをもらってお礼を言わなければならないのは理不尽です。
下手したらお返しだってする必要がありますよね。
庭先でやる家庭菜園とかではなくて家が一軒以上たつような畑で作ったら、そりゃあいきさきがないに決まっていますよ。
作るのが好きでもそのあとは配るのが大変とかってなるのは迷惑です。
近所だからいらないとも言えないし。
もらってもらうじゃなくて、あげているという認識なのも丸わかりでますますイラつく。

ネットサイトいろいろ

あるお店のある商品を検索すると、一部の欲しい情報が得られました。
でも同じ記事ばかりなんですよ。
お勧めをする記事の元の人は違うはずなのに、何個も見たのにほぼ同じ内容って変じゃないですか?
違った情報が欲しいのにガッカリしてしまいました。
あとは、まとめサイトとかクリック稼ぎに貢献してしまったのかもしれないと思うと嫌な気持ちは二重になります。
今話題になっていることがあって、詳しく知りたいと思ったときは検索してしまいます。
でもこういう時事ネタを瞬時にまとめて稼いでいるのかと思うとイラっとしますね。
情報を得たのだから批判をするのは間違っているかもしれません。
でも大したことない、どこかの誰かの文章を盗んだものかもしれないとか疑惑が広がります。

酷暑の日本。

酷暑の日本。
エアコンはつけない主義のうちの両親もさすがに昼間や就寝時につけるようになりました。
先輩薬剤師Uさんの家のエアコンが壊れてしまい、この機会に3台新規で購入したそうです。
順番待ちもなくよく取り付けにきてくれましたね。
でも作業員さんは一人で、3時くらいから8時すぎまでやっていたそうです。
少し話したら忙しすぎて「朝から何も食べていない」と言っていたって。
この時期にエアコンがないと大変だから依頼者はたくさんいるでしょうね。
でも、朝から食べていないって?忙しくてもちょっと食べるくらいできるだろうし、食べないと力仕事も出来ない気がしますけど・・・・。
しかもそれをお客さんに言うんだなぁとちょっと違和感がありました。
一人で何時間も大変ですが体調管理をしないと、これまた大変ですね。

ポイント制でゴミの追跡

ポイント制でゴミの追跡、と聞いていったいどこでやっているのかと思ったら中国の北京でした。
顔認証とQRと最近技術で分別普及活動に乗り出しているそうな。
各地ではじまったゴミの分別はもちろん中国当局がはじめたものです。
今まで分別していなかったんでしょうかね。
5ポイントで卵と交換してもらえる仕組みです。
いい取り組みですけど、卵と交換って・・・。
戦後じゃないんだからとちょっと思ってしまいました。
無料のゴミ袋がもらえるが、分別を間違えると警告されてポイントが減らされる。
ここまでなにかしらでつらないと、ゴミの分別をしない民族なんでしょうね。
中国の汚染された空気は迷惑以外のなにものでもないからこの取り組みが功を奏すればいいのですが・・・

変更するのは悪いことではない

毎月毎月やってくる、おつとめのようなものである辛さ。
先日、めったに見ないテレビで生理痛専用の痛み止めというのを目にして、なんとなく買ってみることにしました。
試しに飲んでみたら、子宮がきゅーっとなるような痛さがありませんでした。
もっと早く出会っていればと思うくらい、この薬の方がいいなと思いましたよ。
しかし、今までお世話になっていた薬は中学生くらいから飲んでいるものです。
なんとなく古女房を捨てるような酷さだなぁと思っちゃいました。(笑)
2回くらいリニューアルをしたけど、本当にずっとその薬を購入していたんですよ。
もしかすると耐久性がついてしまったのかもしれないし、変更するのは悪いことではないですよね。

友達が少ない

友達が少ないので相談したいと思う人は本当に一握り以下です。
しかも県外に住んでいるために会うことは出来ない。
ネットで相談したいけど良いかと聞いたら、承諾がきたから連絡したんですよ。
そしたら全く返信なし。
しばらくして携帯の方に、連絡待っているからと連絡したのになしのつぶて。
それが2月の話し。
ようやく返信がきたのは5月の中旬。
私ってちゃんとした友達認定されていないんだなと、相談内容とは別にへこみましたよ。
それでも他に友達がいないので責めるようなことは言いたくない。
弱すぎる立場で情けないです。
返信をしなかった理由に決算と繁忙期ってあったけど、起きているときはスマホがあり通勤時間が長いことを知っているので返信くらいできたでしょ。

国語の辞書に入ってしまう

反対の意味で覚えている言葉が多すぎることに気が付きました。
おもむろにはゆっくりと、じょじょにという意味だったんですね。
突然話し出したとかかと思ってました。
情けは人のためならず
誰かに情けをかけるとまわりまわって自分にもなる。
その人に情けをかけるとその人のためにならないというのは間違いです。
潮時はベストのタイミングであって、ちょうどよいときという意味で前向きな言葉だったんですね・
今が一番いいときなので辞める、引退の潮時など。
げきを飛ばす
エールをおくる、応援の意味を込めて
激励するのげき?
檄 の漢字
自分の考えや主張を広めることで選挙演説など。
言葉の使い方は多数決になるってことにも驚きです。
みんなが、激励するという意味で使っていたら本来の意味が違うと思われてしまいます。
やがて、こういう意味もあると国語の辞書に入ってしまうそうです。

オルソケラトロジー

去年だったかに耳にした、オルソケラトロジー。
近視や乱視の人が寝ている間に特殊なコンタクトレンズをつけて、視力を矯正するものです。
目が悪い私としてはとても画期的でいいな、試したいなと思っていました。
しかし効果が出る人と出ない人がいる上に、10万円以上するとなると、簡単には手を出せません。
寝ている間にコンタクトレンズが目の中に入ったままというのも違和感があるでしょうし。
試してもいないのに愚痴ってはいけません。
たまたま、先輩薬剤師のMさんがこの話しをしたので、私も試したいと思っていた気持ちを思い出しました。
それでもやっぱりチャレンジするにはちょっと勇気がいります。
目は他よりも繊細だしとても大切ですからね。

うらみ と  にらみ

私が通っている図書館では予約システムがありますので、パソコンからいろいろ予約をしています。
前に借りている人が返却したら順番が回ってくるのですが、タイミングが悪くてなかなかとりにいけませんでした。
でも、連絡から15日間は保留にしてくれるんです。
だから10日にメールがきたから15日後の25日に行ったんですよ。
しかし、もうすでに私の予約は取り消されていたんです。
それで調べると言ってくれた、司書の人にタイトルを聞かれたんです。
内容で決めているのでタイトルは覚えていないことの方が多い。
でもたままた、「ひらがな3文字で、うらみって題名でした」と答えられたんです。
それでもわからず作者検索でみつけたのは、「にらみ」でした。
間違ってて恥ずかしかったです。