歴史ってなんなんでしょうね

彦根市長選の話しを聞いて歴史ってなんなんでしょうね?と思ってしまいましたよ。
彦根市長選で、現職の方が新人で立候補した人のことをふさわしくないと言いだしました。
それは何故か?
新人の人はとある歴史上の人物の末裔だそうです。
歴史上の人物が行ったことをあげて、その人物の末裔が市長になるべきではないと。
は?と言いたくなりますよ。
祖先の罪だと言われても末裔には関係ありませんよ。
こういう人が、犯罪者の家族を差別するんじゃないんですか?
歴史ってなに?って思っちゃいますよ。
どこかのいいがかりをつけるのが大好きな国の人も思い出しました。
70過ぎたじいさんに賛成した人はどれくらいいたんでしょうかね?
結果として、この二人は落選して、全く話題に出ていない方が当選しました。
二人の投票数はほとんど同じだったのも皮肉な話しですね。