私は賛成です

「死ぬほどつらい子は学校を休んで図書館へいらっしゃい」
と鎌倉市図書館のツイートが話題になりましたね。
夏休み明けに自殺する子供が増えると、最近私は知りました。
学校は命をかけてまで通うところではないと言っていた人がいてそれは名言だなと思いました。
学校に行って友達と共に学ぶことは大切です。
でもそこから逃げても人生が終わるわけではありません。
自殺してしまったら終わりです。
称賛がある一方で逆に自殺を増長するなんて意見があるようですけど賛成しかねます。
あと、図書館にきても放置になるとのこと。
図書館では学校に行っている時間に子供がいてもとくに注意も通報もしない仕組みになっているからです。
そこまでのケアは出来ないにしても逃げ場にはなると私は思います。