心底つまらない本

この世の中には心底つまらない本があるものだ・・・と思った今日このごろ。
基本的にはつまらなくても途中で投げ出すことはめったにありません。
しかし今日出会った本は、時間を割くのがもったいないくらいの本でした。
もちろん、私が気にいらないだけで駄作だと決めつけることはしません。
趣味趣向はひとそれぞれ。
私が何度も読み返してすごく好きな本があっても、それは誰かにとっては一回読んだらもう十分な本だったりしますからね。
ただ、はじめて読む作家さんだったのでこれからファンになるかもしれないという期待値も大きかったので残念です。
本も薄かったらからなんとか読み切ろうと思ったんですけど、ちょっと本当に無理でした。
他の作家さん開拓をしていこうと思います。