激務でない医療機器メーカー求人

最近ではモーレツ社員という言葉を耳にすることもあまりありませんが、このモーレツ社員とは日本の経済の成長率が年に平均で10%超えていた高度成長時代の企業戦士のことです。日本の国民総生産は戦後の約20年間で、アメリカに次いで世界2位と大きな成長を遂げました。自動車メーカーや家電メーカーなどはアメリカに追いつくことを目標に努力を続け、自分の時間や家庭や顧みらずに休日も返上して働く社員が当たり前の時代がありました。その後は会社人間や社畜という自分の意思や考えを持たない、会社に飼い慣らされてしまった企業戦士を揶揄した言葉まで登場しました。

日本の高度成長の要因の一つには日本独自の、終身雇用や年功序列などの制度が存在しています。しかしバブル景気が崩壊した後は日本の企業にも変化が見られ始め、リストラや過労死という社会現象が新聞などのマスコミでも話題になりました。転職活動中に気になるのは求人先がブラック企業でないかで、近年では若者を大量に採用してサービス残業を強いたり、実権がない管理職にしてノルマだけを課し使い潰すブラック企業が社会問題にもなっています。

医療機器メーカーの求人もアベノミクス効果で景気が上向きになり、このサイトに掲載されているリクルートエージェントやマイナビエージェントのような、転職エージェントでも求人をよく目にします。ただ中には医療機器メーカーは、激務でないかと心配される方も少なくありません。確かに世の中には思いもよらぬ企業が、ブラック企業大賞に選出されています。ブラック企業大賞2014には「ヤマダ電機」が選出され、この他にもアニメ業界からは「A-1 Pictures」とエステ業界からは「たかの友梨ビューティクリニック」がそれぞれ業界賞に追加ノミネートされました。

「たかの友梨ビューティクリニック」がノミネートされた理由は社員の殆どが、1日に12時間の労働時間にも関わらず残業手当や休日手当も満足に払われていなかったからです。その上に休憩時間に休めず休日もなかなか自由に取れなく、年次有給休暇も取得できないのが理由です。社長の髙野友梨さんはカリスマ美容家としてテレビなどのマスコミでもよく顔を見かけますが、その爽やかな笑顔と裏腹に労基署に通報した社員を、出社できなくなるなど長時間も詰問し問題になりました。

医療機器メーカーの営業職なども何かあれば土曜日や日曜日でも、納品先の病院に駆けつけなければならないとか激務なイメージがありますが、実際には企業で勤務内容も随分と異なっています。このサイトに掲載されている転職エージェントの担当者に訊ねると、求人先の医療機器メーカーの勤務状況や社風なども教えてくれます。

春の運動会

実家の近くの小学校は春に運動会をします。
運動会当日の午前中にすごい雨予報でしたが、なんとか開催されました。
もともと、朝時くらいから晴れるという予報でも、開催するか判断するらしい朝
の6時には雨が降っていたんですよ。
微妙な天候で判断しなければならない学校関係者は大変ですよね。
昔とくらべて小学校の音楽は小さくなりました。
周辺住民からの希望なのか配慮なのか・・・・・・・・?
それなのに、選挙運動の選挙カーが朝からうるさい!!
候補の3人がそれぞれ回っているので、声が重なるんですよ。
他の人に負けじと大声で言っている印象です。
名前を連呼するだけの人に投票したいと思いますか?
もっとまともなことが言えないのであればやめてほしいです。